ディアナハウス田園調布

Equipment

快適な暮らしをかなえる、先進の設備・仕様。

Kitchen

奥行きにゆとりをとったキッチン。コンロにはクッキングプレートを標準装備。キッチン天板は、水晶からなる耐久性に富み衛生的なクオーツストーンを採用。機能が多彩なだけでなく、格調高い面材を採用するなどインテリア性にも配慮しています。

機能性と美意識を高い次元で融合した水回り。

Powder Room

リフレッシュタイムを爽やかに演出するパウダールーム。機能的な収納を豊富に備えた仕様。スタイリッシュで高級感の溢れるボウル一体型カウンターや水栓。美観に配慮した面材を採用し、高級感あふれる空間としました。

Bath Room

ゆとりある1620サイズのバスルームは、サーモバスを採用し保温効果を高めたエコ仕様。キレイを保つ防汚クリア層を施した浴槽などお手入れもしやすい仕様にしました。

Rest Room / etc.

※掲載の写真は「ネクストステージゲーテコート」(平成27年11月撮影)「ネクストステージ八広」(平成27年10月撮影)「ネクストステージ青葉台エスプリの丘」(平成27年10月撮影)「ディアナハウス下目黒」(平成28年3月)を撮影したもので、本物件とは異なります。

末永く、受け継がれる住まいであるために。

長く住み続ける住まいの保証
万全のアフターサポート
お引き渡しの後も安心してお住まいいただくために、3回の定期点検と10年の長期保証を採用しました。お客様のご満足を最優先にしたアフターサービス体制を整えています。
大切な資産を守る保証
「瑕疵担保責任保険」
柱、基礎などの構造耐力上主要な部分と外壁、屋根などの雨水の侵入を防止する部分の瑕疵に対して保険金が支払われます。万が一事業者が倒産した後に不具合が起こっても、保険期間内であれば、補修費用を直接JIO(日本住宅保証検査機構)に請求できます。

瑕疵担保責任保険の仕組み

  • 国で定めた検査以外に3~4回実施
    「第三者機関による検査」
    検査は国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人JIO(日本住宅保証検査機構にて実施)。永住に相応しい、安心の住まいを目指しています。
  • 第三者機関による地盤調査を基に造成
    さらに「地盤保証システム」を採用
    地盤の不同沈下に起因する建物の損害に対して原状回復のための費用、並びに補修工事期間に必要とされる仮住居とそれに関する費用を補償するものです。

見えない部分にも気配りを。隅々までこだわった構造。

※掲載の写真はディアナハウス コンセプトルーム(平成26年10月)、ディアナハウス アーキテクトコート荏田南(平成27年6月)を撮影したもので、オプション等含まれており本物件とは異なります。
※掲載の概念図はイメージで実際とは異なります。

資料請求